2014年08月01日

気まぐれに復活してみる


気まぐれに復活してみる

さて、どうしよう・・・

横浜夜話

  


Posted by 昌虎・ショージ at 22:10Comments(4)景色

2013年07月23日

大岡川には何かが流れ何かが潜む


大岡川

真夏の夜の雨が止まり、

湿った空気が水面を包む。

大岡川には何かが流れ、

大岡川には何かが潜む。




  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:15Comments(3)景色

2013年07月09日

黄金色の横浜富士



6年前の富士の景色。

ダイヤモンドには少しずれてはいるが、

黄昏に、富士は黄金に染まりゆく。

横浜もなかなかの富士の名所である。
  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:59Comments(2)景色

2013年05月30日

季節外れの紅葉をぼんやり眺める


西区紅葉ヶ丘・横浜能楽堂


横浜能楽堂の能舞台は、

明治八年に旧加賀藩主邸に建てられ、

大正八年に旧高松藩主邸に移築された

「染井能舞台」を復原したものであるらしい。

関東最古、日本でも8番目の市の文化財。

夜はただただ静かな丘の上、

季節外れの紅葉がぼんやり美しい。
  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:05Comments(0)景色

2013年05月17日

だから心の色を撒き散らそう!


中区末吉町


同じような建物、同じような町、

キレイの言葉の元に、増殖する色のない町。

だから闇のない町に色を撒き散らそう。

実態なき心の色を撒き散らそう。
  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:28Comments(0)景色

2013年04月27日

灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月


横浜上空


灯りを閉ざして揺れる雲

流れる雲を照らす月

丸めた背で歩く夜の街の中

雲と泥の狭間で人は生きている

  


Posted by 昌虎・ショージ at 00:14Comments(2)景色

2013年03月27日

桃玄桜


中区末吉町


川沿いのあのラブホも桜仕様。

気温低くても、

今宵川も沿いは賑やかです。



  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:25Comments(0)景色

2013年03月26日

夜桜大岡川~リリーさんの降りた場所


中区初音町/日ノ出町


満開の桜の川からリリーさんの降り立った階段も、

植え替えで桜はすっかり小さくなっている。

同じ大きさになるころには、

この町はどのようになっているのであろうか。

大岡川に今日も桜が流れている。

  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:18Comments(0)景色

2013年02月19日

静かな路の風を浴びる


中区山下町・中華街


中華街の春節のイベントは、今週末まで続くらしい。

賑やかな中央の通りを抜け、

静かな路の風を浴びる方が自分にとっては心地よい。
  
タグ :横浜夜景


Posted by 昌虎・ショージ at 23:10Comments(0)景色

2013年02月05日

濱マイクのいない横濱


中区末吉町


部屋の整理中にドラマ版のグッズが出てきた。



当時のロケ地を集めてみるとほぼ解体されている。

濱マイクのいた横濱
  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:33Comments(2)景色

2013年01月21日

残雪~灯りの下の孤独な道


南区清水ケ丘


一人で歩く、静かな道。

雪はゆっくり溶けてゆく。

疲れた気持ちに、

冷たい風を大きく吸い込んで、

その先の希望に向って歩いてゆく。

明日はきっと、明日こそきっと・・・。

  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:26Comments(0)景色

2013年01月15日

残雪~ゆずのいたからっぽの木


南区清水ケ丘


初めて横浜に住んだ丘の上。

その近くの公園には一本の木がありました。

誰が撮影しても何となく絵になるその風景は、

テレビのロケも良く見かけ、

楽器や歌の練習をする人達もよく見かけました。

その中に「ゆず」もいたのではないかと思いますが、

明確な記憶はありません。

ゆずの歌で"からっぽの木"と名づけられているようですが、

自分にはその名はあまり馴染みなく、

空気や風が、ただただ心の片隅に焼きついた、

大切な思い出の風景となっています。




  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:07Comments(2)景色

2013年01月14日

十二年前のみなとの雪


中区海岸通(平成十三年)


予報外れの大雪が降る。

横浜では、12年ぶり12cm以上の積雪であるらしい。

赤レンガ倉庫も本日は18時で閉店している様子。

その赤レンガ倉庫も12年前はまだ改装工事中でした。



目の前の運河にはタグボートが浮き、

まだまだ静かで雑多は港の雰囲気を残していました。

時代は変わり・・・

運河のタグボートも、先に見える団地も、万国橋ビルも、

今はむかしの風景です。  


Posted by 昌虎・ショージ at 17:47Comments(4)景色

2013年01月13日

時代の軋む音の留まる場所


西区桜木町



貨物列車の軋む音、けたたましい踏み切りの警告音、

みなとみらいのすぐ近く、

造船所時代に流れていた音が、今も聞こえる場所がある。




  


Posted by 昌虎・ショージ at 22:05Comments(0)景色

2013年01月12日

螺旋の街、19:30


西区みなとみらい


夜のみなとは静かに動く、

小さくうねり、大きな軌跡を描きながら、

夜のみなとに刻は流れ続けている。

  


Posted by 昌虎・ショージ at 00:24Comments(0)景色

2013年01月10日

犬は蛇口の下で待つ


南区宮元町


入浴中でもなく、用を足している訳でもない。

我輩は、主人を待っているだけである。

  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:06Comments(0)景色

2013年01月07日

怪しく素敵な文化の風の吹く街


中区宮川町・大岡川


バラック、闇市、船上生活、麻薬銀座、そして違法売春・・・

大岡川には、戦後の裏の歴史が流れていた。

そして、文化があった。

「かもめ座」、「光音座」、黄金町側には「横浜日劇」・・・



さび付いた看板のストリップ劇場も灯りが消え、



少しずつその怪しく素敵な文化の風の流れは小さくなっている。  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:28Comments(2)景色

2013年01月04日

今年初めての虹を見た


中区日ノ出町・辰巳庵


干支にちなみ「辰巳庵」で年越しのうどんを食べ、

お年玉の七味を頂き、横浜橋へとテクテク歩く。



途中、高架下のアート施設では猫が仲良く高みの見物。

年明けに開いた店は少なく、横浜橋商店街もまだ少し寂しい。



手間ならぬ、ヒマを掛けた美味しそうなカレーが売っている。



そして空を見上げると、低い雲に小さな小さな虹が浮かんでいた。


  


Posted by 昌虎・ショージ at 22:27Comments(0)景色

2012年10月30日

空かずのトンネル、眼を醒ます


西区みなとみらい


13年間封鎖されていた謎のトンネルがようやく再開されるらしい。

開通前に、ちょっと歩いてみたい気がする。  


Posted by 昌虎・ショージ at 23:27Comments(0)景色

2012年10月29日

野毛の山からノーエー


西区老松町

ずいぶんと町並みが変わったつもりでも、

高い丘から見ると、すべて似たような光の渦の中にある。


2003年
  


Posted by 昌虎・ショージ at 22:20Comments(0)景色