2013年01月15日

残雪~ゆずのいたからっぽの木


南区清水ケ丘


初めて横浜に住んだ丘の上。

その近くの公園には一本の木がありました。

誰が撮影しても何となく絵になるその風景は、

テレビのロケも良く見かけ、

楽器や歌の練習をする人達もよく見かけました。

その中に「ゆず」もいたのではないかと思いますが、

明確な記憶はありません。

ゆずの歌で"からっぽの木"と名づけられているようですが、

自分にはその名はあまり馴染みなく、

空気や風が、ただただ心の片隅に焼きついた、

大切な思い出の風景となっています。







同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:07│Comments(2)景色
この記事へのコメント
1本の木、なぜか解りませんが絵になるのは
不思議ですね。娘夫婦が北海道旅行で写してきた
1本の木の風景が素晴らしいと感じていました。
そしたらブログで北海道の方がアップしてきた
1本の木の風景写真、これがまた素敵でした。
絵はがきを見ているようでした。
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2013年01月17日 17:25
>なっちゃん さん
こんにちは!

なぜかは分かりませんが、どの情景でも目を引きます。

北海道ならなお更素敵な絵ではなかったのではないでしょうか。
Posted by SHOJI.KSHOJI.K at 2013年01月17日 23:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。