2009年05月05日

美しいのは光に浮かぶ姿だけではない


金沢町・称名寺

初めて来たのは、まだここで芸術祭が開かれていた時であった。

しばらく後に訪れた時、橋が老朽化により解体された姿を見かけ、
とても寂しく感じていたが、その橋が最近建て替えられた事を知った。

日本の建造物には、数年間隔で建て替えられるものがある。
それは古き”物”を残すだけではなく、古き物を造る”技術”を
伝承し残す目的があると言う。

この橋は、そのような大袈裟な経緯で建て替えられたもの
ではないが、ライトアップされた何気ない古き寺の姿の中に、
日本人の知恵と技術がやはり残されているのである。



タグ :横浜夜景

同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:08│Comments(2)景色
この記事へのコメント
横浜を訪ねることが叶わなくても、 seawallさんの視点でのヨコハマをいつも楽しみにしております。

今朝は目が覚めた瞬間、昨日観たこの称名寺の幻想的な美しさが浮かんで布団の中でかつて訪れた称名寺や金沢あたりで海水浴・潮干狩りを楽しんだ小学生の頃・・・
高校卒業記念に友人達と金沢から六国峠を歩き、鎌倉天国での充実感など想いだしました。

称名寺を久しぶりに訪ねてみたいと思います。
Posted by 禿鷹 at 2009年05月08日 05:35
>禿鷹 さん
ご無沙汰しております。
お元気でしたか?

当時はまだ砂浜も広がっていたのでしょうか?
海は変わりましたが、称名寺と鎌倉への道は
当時の雰囲気のままであると思います。

是非思い出を尋ねてみて下さい。
Posted by seawallseawall at 2009年05月10日 23:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。