2013年05月21日

バス停を振り返ると珈琲が香る


磯子区原町・柴原珈琲店


以前訪れたのは十年前のこと、



バス停の時刻表を確認し、

ふと振り返ると、綺麗でレトロな珈琲屋がある。

足安めと時間あわせにフラリと入った記憶が懐かしく、

店構えも落ち着いた雰囲気も何ら変わっていない。

とりどりのカップを選び、美味しい珈琲を飲む。

これだけ渋いのに、何故かミルク入れが・・・



とても可愛い。


タグ :横浜喫茶店

同じカテゴリー(お店)の記事画像
「喫茶みなと」と猫の小太郎
ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋
開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋
多肉植物吉野町
「くまモン」に消されかけたもの
夏も近づく貝殻モナカ
同じカテゴリー(お店)の記事
 「喫茶みなと」と猫の小太郎 (2013-07-29 22:53)
 ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋 (2013-07-28 21:15)
 開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋 (2013-07-25 23:24)
 多肉植物吉野町 (2013-07-22 22:34)
 「くまモン」に消されかけたもの (2013-07-14 21:48)
 夏も近づく貝殻モナカ (2013-06-24 22:47)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:24│Comments(2)お店
この記事へのコメント
コーヒーの香り、いいですね。
デパートの地下などで、何処からか漂ってくるコーヒーの香り
いいです。ついつい吸い寄せられる感じ。
写真のミルク入れ、少し可愛すぎますね、それがいいのかも。
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2013年05月22日 15:13
>なっちゃん さん
こんにちは!

選んだカップが特に渋かったので、可愛さが不思議でした。
磯子の八幡橋辺りにいった時には是非寄ってみて下さい。
Posted by SHOJI.KSHOJI.K at 2013年05月22日 23:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。