2009年05月28日

我々はその歴史の上を安全に歩いている


初音町

そこは人が一生懸命生きてきた場所。

観光地として綺麗に着飾ってゆく町並みを遠く眺めながら、
遠くの昇ってくる潮風を少し浴びながら、

我々はその歴史の上を安全に歩いている。


消えた横浜娼婦たち 港のマリーの時代を巡って



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:31│Comments(2)建物
この記事へのトラックバック
Amazonで販売がはじまりました
 ↓
「消えた横浜娼婦たち」
Amazonで販売がはじまりました【「消えた横浜娼婦たち」の事情】at 2009年05月30日 23:39
この記事へのコメント
見覚えのあるこの空間で、麻薬におかされた人々が
道端で苦しみ悶えていた姿なども気にせず
かくれんぼをして皆で遊んでいた小学生の頃を思い出し
あたりまえと思っていたこの街も、振り返ると
わたしという人間形成のエッセンスだったのかもしれません。

現在も この空間が存在するなら身をおいてみたい場所です。
Posted by 禿鷹 at 2009年05月29日 04:57
>禿鷹 さん
こんにちは!

いつか、禿鷹さんの当時の思い出をゆっくりお聞せ下さい。
アート系のイベントがありましたが、今は相変わらずの
人通りの少なさです。

”人間形成のエッセンス”ですか、良い表現です。
Posted by seawallseawall at 2009年05月29日 23:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。