2009年06月04日

ハーモニカの風が吹く


宮川町・都橋商店街

日本が大きく立ち上がった時代、
野毛の露店が川沿い集められ、水辺に細い長屋が出来た。
水辺から流れる風は、今も昭和の音を奏でている。



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:28│Comments(2)建物
この記事へのコメント
中学入学前に制服を注文しに母親とイセザキ町のノザワヤに行き
その足で 野毛商店街の露店で通学鞄を買ってもらいましたが
何故?ノザワヤで鞄を買わなかったか・・・たぶん親はこの露店が無くなることを知っていたのでしょう。
来週 両親のお墓参りに久しぶりに横浜に行きますが、野毛周辺も散策してみたいと思います。
Posted by 禿鷹 at 2009年06月08日 12:46
>禿鷹 さん
こんにちは!

禿鷹さんの、古き良き横浜のお話、
今の景色から想像して、楽しく楽しく空想させていただいています。

露天のカバン、ノザワヤよりも質が良かったかもしれませんね。
そういえば、今ノザワヤ(横浜松坂屋)は、臨時の開国博の案内所と
なっています。
Posted by seawallseawall at 2009年06月08日 23:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。