2007年11月13日

矢印の向こう側


戸部

道に誘われるがままに、遠くへ、ずっと遠くへ真っ直ぐと、
青き光の世界へと走り続ける。



同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 22:20│Comments(2)景色
この記事へのコメント
そう、それはスピードの向こう側ですよね、まさしく。
確かに、ここ、踏みたくなりますよね。(笑

昔、ちょっとヤンチャしてた頃(といってもヤンキーではありませんが)
高速道路の制限速度の倍以上のスピードを出してました。
そのときの、テールランプの感じが、写真の帯と同じように
感じるんですよ。。

もう、怖くてそこまで踏めませんが・・・・・
スピードの向こう側、きれいでしたよ。

追伸:
写真と文章、本当にマッチしてますね。
何か関係ない事を書いてしまって、スイマセン。
Posted by 初代若旦那 at 2007年11月14日 09:02
こんにちは!

大学の時、調子にのってバイクで高速をちょっと飛ばしてみた時、
風圧か道路のよどみなのか、突然ダッチロールのような状態になり、
恐怖の直後、なぜか転倒→死を覚悟する冷静な気持ちになったこと
があります(エンブレで徐々に元に戻りました)。
>スピードの向こう側、きれいでしたよ
これを感じる前に、別の向こう側にいっていたかもしれません(笑)

倍以上の速度って・・・すごいですね。
ヤンチャ時代の覇魔虎・若旦那さん、見てみたいです
(ヤンキーではない??)
Posted by seawallseawall at 2007年11月14日 21:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。