2007年11月17日

港の欠片の残る場所から灯りを眺める


象の鼻地区

小さな桟橋、係留ロープ、
ほんの少しだけ港の欠片の残る場所がある。
ほの暗いその"港"から、彩られた"みなと"を眺める。



同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:37│Comments(2)景色
この記事へのコメント
おはようございます。

水面に映りこんだ光が本当に幻想的ですね。
クルマで流すことはあっても
じっと眺めたことにない景色です。。

本当にキレイですね。
Posted by 初代若旦那 at 2007年11月18日 07:31
若旦那さん。ありがとうございます。

少しだけ見方を変えるだけで景色も大きく変わる・・
横浜の魅力の一つであると思っています。
Posted by seawallseawall at 2007年11月18日 22:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。