2007年11月30日

この桟橋の先に見える"みらい"へ


海岸通り一丁目

目の前の、この桟橋の先に見える"みらい"へ、
そこに真っ直ぐ辿り着けるとは限らない。



同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:58│Comments(2)景色
この記事へのコメント
おはようございます、seawallさん。

なにか、油絵をみているような色彩感覚ですね。
その、ちょっとダークな感じが、「みらい」に対しての
若干の不安を表現・暗示していたりして・・・・。

非常に趣のある、深い、良い作品だと思います。

スイマセン、生意気に書いてしまいまして・・・・。
お気に触ったら、本当にスイマセン。
Posted by 045-082 (初代若旦那) at 2007年12月01日 07:51
045-082 (初代若旦那) さん、おはようございます。
生意気なんてとんでもない、
色々な見方が聞けて大変ありがたいコメントだと思っています。
また、是非よろしくお願いいたします。
Posted by seawallseawall at 2007年12月01日 09:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。