2008年02月14日

心の奥の暗闇


星野町

人は時に心に暗闇を持つことがある。
だから、少しだけ自分を振り返り、先の小さな光に向かって動き出そう。



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 08:25│Comments(5)建物
この記事へのコメント
こんばんは

暗闇にいると、
いつもは気づかない
小さな光も、弱い光さえも
見えるときがありますね。

夜空の星が道しるべになるように
きっと心の中にも夜空があるのでしょうね^^
Posted by Yue at 2008年02月15日 20:37
Yue さん、

天空模様も、いつも暗い空ばかりで申し訳ございません。
闇があるからこそ、大切な光が綺麗に見える・・
少し闇が曖昧な街に住んでいると、それが見えなくなることがあります。
Posted by seawallseawall at 2008年02月16日 19:31
うぅーん、これは高島線のどっかですね。この辺りを放浪したことがあるので思い出しました。ところで、Javaで描いた絵をimgファイルとして保存することはできますか?
Posted by W少年 at 2008年03月19日 23:18
W少年さん、こんにちは

私も初めてここに来た時は、方向感覚も分からず”放浪”で辿り着きました(笑)
貨物船や倉庫があってとても好きな場所です。

Javaの件はメールで送りますね。
Posted by seawallseawall at 2008年03月20日 23:33
メールありがとうございました。よく考えたらJAVAで画像を描くとき座標+色の情報ではなく描画ツールを呼び出す指令になっていて画像の情報形式が根本的に異なるのですよね。市販されている入門書だと断片的なことしか書かれていないので本格的にJAVAを勉強するためには何を用意したらいいのかと考えてしまいます。

私の場合は貨物駅を探すために行っきました。鉄道関係の書籍からこの辺りに貨物駅があるというのは分かっていたのですが、貨物駅は普通の地図には載っていないので見つけるまで相当歩きました。そう、東高島だったか高島だったか記憶は定かではありませんが、ポートサイド公園から線路づたいに路地を迷走して行き止まりに入ったりしながら歩き見つけたときにはかなり感動しました。
Posted by W少年 at 2008年03月25日 17:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。