2008年02月23日

黄金町ノ音、人ノ声


Bar The Outsiders

その建物は売春を行う為に建てられた。

一斉摘発の後、人の疎らな通りとなったその場所に、
いつか人の笑顔と音で溢れる街になると信じ、
小さな可能性を求め、彼は安定を捨て、夢を作り始めた。

そこは今、見知らぬ人同士が会話をし、客と距離のないライブが行われる。
小さな桜はあともうすぐで咲く、それが満ち溢れるのはいつだろう。
今日もその店からは、音が、声が溢れている。

kogane-cho 2001



同じカテゴリー(お店)の記事画像
「喫茶みなと」と猫の小太郎
ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋
開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋
多肉植物吉野町
「くまモン」に消されかけたもの
夏も近づく貝殻モナカ
同じカテゴリー(お店)の記事
 「喫茶みなと」と猫の小太郎 (2013-07-29 22:53)
 ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋 (2013-07-28 21:15)
 開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋 (2013-07-25 23:24)
 多肉植物吉野町 (2013-07-22 22:34)
 「くまモン」に消されかけたもの (2013-07-14 21:48)
 夏も近づく貝殻モナカ (2013-06-24 22:47)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:59│Comments(0)お店
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。