2008年05月02日

浦島の居た浜


子安漁港

東海道を渡り、浦島太郎の伝説は浜のある地に散らばった。
工業地帯として埋め立てられ、運河となった神奈川の浜にも
その伝説は語り継がれている。



同じカテゴリー()の記事画像
今年も会えた八重桜
枯れて落ちて、また咲いて
杏子の咲く道
慌てて咲いて、慌てて散って
そして桜は川となる~大岡川
曇のち桜、大岡川
同じカテゴリー()の記事
 今年も会えた八重桜 (2013-04-24 23:17)
 枯れて落ちて、また咲いて (2013-04-10 23:31)
 杏子の咲く道 (2013-04-07 22:05)
 慌てて咲いて、慌てて散って (2013-04-02 22:50)
 そして桜は川となる~大岡川 (2013-04-01 22:48)
 曇のち桜、大岡川 (2013-03-31 15:01)

Posted by 昌虎・ショージ at 00:49│Comments(2)
この記事へのコメント
手前の花、ゼラニウムですね。
独特の香りがあるので嫌いという人もいますが、
私は、個性的な草姿がとても好きです。

すみません、浜とは関係ない話ですね。
Posted by Mond at 2008年05月02日 10:29
>Mondさん、

こんにちは!
香りの記憶はないのですが、強く生きる姿がとても印象的でした。
ゼラニウム・・・花ことばもあるのでしょうか。
Posted by seawallseawall at 2008年05月02日 23:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。