2008年05月18日

猫の背と夜更けの空


東ヶ丘


夜が更ける、
人は家路を目指し、暗がりの住宅は彼らの世界となる。



同じカテゴリー()の記事画像
一匹の猫と裏横浜と昭和の街
トートーネコ
我は猫である
アウトレイジな猫
ハンモック猫の猫だまり
濱の港の猫のカーさん
同じカテゴリー()の記事
 一匹の猫と裏横浜と昭和の街 (2013-07-19 23:20)
 トートーネコ (2013-02-15 22:43)
 我は猫である (2012-11-12 22:57)
 アウトレイジな猫 (2012-11-05 23:07)
 ハンモック猫の猫だまり (2012-10-03 23:06)
 濱の港の猫のカーさん (2012-07-11 23:20)

Posted by 昌虎・ショージ at 00:22│Comments(4)
この記事へのコメント
おはようございます♪

小学校の頃、東ヶ丘の路地を走り回ってましたよ。
なかなか秘密基地よろしく、入り組んでいて楽しかったです。

良い忘れましたが・・・・
ボク、東小学校OBです。(笑
Posted by 若旦那 at 2008年05月18日 09:24
>若旦那さん、
こんにちは!
流石、地元「覇魔っ虎」です!
あの一帯は、何かワクワクする町ですね。
Posted by seawallseawall at 2008年05月19日 08:17
東ヶ丘という地名はアズマと読むのが今では不思議です。
東小学校の近くの 百段々の途中に不思議なおじさんの
駄菓子屋風な店で小学生の私は皆でもんじゃ焼を食べながらいろいろな話を
していたことを思い起こしました。東ヶ丘は想い出がいっぱいです。
今思えば 折口 信夫のような人かも・・・
Posted by 禿鷹 at 2008年05月30日 15:54
>禿鷹さん
こんにちは!
駄菓子屋などの似合う雰囲気の町ですね。
今は何件残っているのでしょうか??
思い出話、また色々と教えて下さい。
Posted by seawallseawall at 2008年05月31日 22:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。