2008年06月11日

銭湯に灯りが点る頃、僕は駅に向かう


生麦

大きな道路の向かい側、夕暮れの銭湯に灯りが点る頃、
僕はゆっくりと、矢印のその先の駅に向かう。





同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 00:17│Comments(2)景色
この記事へのコメント
おはようございます♪

これはまた、なかなか情緒のある銭湯で。
最近、こういう場所、なかなか少ないんですよね。

実は、ここ数日、前を毎日通ってます。

何か昭和っぽいものが段々無くなって、
没個性的なものが増えてきちゃってるような、そんな気がして
なりません。
Posted by 若旦那 at 2008年06月11日 07:44
>若旦那さん
こんにちは!
伊勢佐木近くの”末広湯”も無くなってしまいましたね。
地方や東京のように、カフェやギャラリとして残して
くれると良いのですが・・・ちょっと寂しいです。
Posted by seawallseawall at 2008年06月11日 23:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。