2008年06月14日

幻像の中の現実


日ノ出町

今、私は確かにここにいる、確かにここを歩いている。
・・・・本当に?
今を歩いているのか?過去に来てしまったのか?
そんな私をあざ笑うように、彼らはじっと私を見つめている。



同じカテゴリー()の記事画像
一匹の猫と裏横浜と昭和の街
トートーネコ
我は猫である
アウトレイジな猫
ハンモック猫の猫だまり
濱の港の猫のカーさん
同じカテゴリー()の記事
 一匹の猫と裏横浜と昭和の街 (2013-07-19 23:20)
 トートーネコ (2013-02-15 22:43)
 我は猫である (2012-11-12 22:57)
 アウトレイジな猫 (2012-11-05 23:07)
 ハンモック猫の猫だまり (2012-10-03 23:06)
 濱の港の猫のカーさん (2012-07-11 23:20)

Posted by 昌虎・ショージ at 00:31│Comments(2)
この記事へのコメント
おはようございます。

この道を歩くと・・・・
遠い昔の男たちの伝説と、これから未来への不安が
何故か、心によぎります。

やっぱり、僕の昭和生まれの濱っ子なんですね、きっと。
Posted by 若旦那 at 2008年06月14日 08:12
>若旦那 さん
こんにちは。
映画「濱マイク」で、もっと古くは「探偵物語」でここの昔の様子を
見たことがあります。
左側、金網の所は、以前は通れたのですね。
Posted by seawallseawall at 2008年06月14日 23:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。