2008年06月25日

個性なき町に、色を残す物


中央

長く続く道路の拡幅工事の中、
まだ残りし物たちは、長き歴史と、今を染めあげ、
個性を無くした町に色を残す。



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 06:00│Comments(4)建物
この記事へのコメント
おはようございます。。

この光の帯が、時間の立つスピードを感じるようで
本当に素晴しいと思います。

ホント、最近、時代の変化の早さにビックリすることが
多いです。082になったのかな・・・・。
Posted by 若旦那 at 2008年06月25日 07:33
こんにちは♪
この前、ときどきバスで通ります。
中学生時代からを思えば、マンションが本当に増えました。
あの頃から、ず~っと工事中なんですよね。
古いもの、新しいもの、混ざっているから町は面白いんだと、感じました。
Posted by みやちゃんみやちゃん at 2008年06月25日 14:35
>若旦那さん
ちょと油断すると、あったはずの風景が消えている。
ここ数年はその繰り返しです。
Posted by seawallseawall at 2008年06月25日 23:24
>みやちゃん さん
こんにちは!
中途半端に残っている風景が、何となく気にいっています。
いづれすべてが道路になってしまうのでしょうが。
Posted by seawallseawall at 2008年06月25日 23:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。