2008年06月27日

少しずつ削られてゆく”白き”記憶


旧・帝蚕倉庫事務所(北仲WHITE)

港を支え、芸術を支えた、”赤き”倉庫と”白き”建物は、
その役割を終え、静かにそして少しずつ、小さな記憶に変わり行く。



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 06:24│Comments(2)建物
この記事へのコメント
こんばんは☆

あの辺りは、大きく変わりそうですね。
整理されすぎても、趣きなくなっちゃう気がして、寂しいわぁ・・・。
Posted by みやちゃんみやちゃん at 2008年06月27日 23:12
>みやちゃん さん
こんにちは!

ここが高層化するのが残念ですが、
個性ある町になってほしいと思います。
Posted by seawallseawall at 2008年06月29日 10:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。