2008年07月15日

道の狭間の光の舞台に彼女はいた


吉田町

人が行きかう道の端、
小さな町が壊されて、ただただ広くなったその場所で、
暖色の灯りに照らされた光の舞台に彼女はいた。


タグ :横浜夜景

同じカテゴリー()の記事画像
一匹の猫と裏横浜と昭和の街
トートーネコ
我は猫である
アウトレイジな猫
ハンモック猫の猫だまり
濱の港の猫のカーさん
同じカテゴリー()の記事
 一匹の猫と裏横浜と昭和の街 (2013-07-19 23:20)
 トートーネコ (2013-02-15 22:43)
 我は猫である (2012-11-12 22:57)
 アウトレイジな猫 (2012-11-05 23:07)
 ハンモック猫の猫だまり (2012-10-03 23:06)
 濱の港の猫のカーさん (2012-07-11 23:20)

Posted by 昌虎・ショージ at 06:22│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは☆

スポットライトに照らされて、何を思っていたのでしょう、ニャンコさん。
昔を懐かしんでいたのかも、ね?
Posted by みやちゃんみやちゃん at 2008年07月16日 00:03
>みやちゃん さん
こんにちは!猛暑が続いておりますが、お元気ですか?

ここも雑多な昭和の街角だったのですが、今は駐車場となっています。
いづれマンションになるのでしょうか・・・。
Posted by seawallseawall at 2008年07月16日 22:08
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。