2008年09月27日

空に流れ、空を舞う


横浜上空

空は不思議である。

水蒸気の塊であるはずの"モノ"が、小さな鱗を持ち、龍や麒麟を型取る。
目の錯覚ではあるが、決して人の立ち入る事の出来ない世界が
そこにあるような気がする。


タグ :横浜夕景

同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 05:49│Comments(4)景色
この記事へのコメント
美しい・・・・
ただただ、美しい・・・・。

人は自然が偶然に作り出す、美しいものをみると
なんで、あんなに感動しちゃうものなんでしょうね・・・・。
Posted by 若旦那 at 2008年09月27日 07:56
毎日違う表情見せる空であり、二度と同じ表情を見せない雲にはロマンを感じますね。
Posted by まさ at 2008年09月27日 21:17
>若旦那 さん
こんにちは!
荒れた日の晴れの夕方の空はとても綺麗です。
本当に空は不思議ですね。
Posted by seawallseawall at 2008年09月29日 22:14
>まさ さん
こんにちは!
ロマン、いいですね。
夏が去り、空気が乾いて、これからどんな表情を見せて
くれるのか、この季節は上を向いて歩くのが楽しみです。
Posted by seawallseawall at 2008年09月29日 22:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。