2008年10月10日

大岡川の写す色


大岡川(中区)

季節によって表情を変える。天気によって表情が変わる。

ドブ川の時期もあったらしい、夏は赤く染まることもある。
それでもこの川は、私にとってとても心地よい場所である。



同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 08:05│Comments(9)景色
この記事へのコメント
同感です。

どんなことがあっても、この川は
昔と同じ佇まいをどこかに残している。。

そんな懐かしさを感じずにはいられません。
Posted by 若旦那 at 2008年10月10日 08:17
おはようございます♪

橋一本を境にして装いを変える川でもありますネ♪

そんなところが横濱らしいです。
Posted by バック at 2008年10月10日 09:49
ガラスのように、見えます。
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2008年10月10日 17:35
こんばんは・・・今のところ大岡川は40年以上に亘って暴れていません。 そんな平静な大岡川のイメージそのもの、といった映像ですNe。

1961年に(南区から)港南区が分区するまでは、大岡川といえば南区でした。 少なくとも氾濫の被害を被った(1961年と1966年)は殆ど南区でした。 1970年に工事中だった地下鉄の内部が浸水してから・・・日野川と笹下川から磯子沖に抜ける分水路の(1980年の)完成に拍車が掛かりました。

seawallさん(呼び掛けは、このようでヨロシイのでしょうか)は現在、南区にお住まいではナイのですか。 数年前、耐震強度不足から南区役所が(大岡2丁目の)旧県立大岡高校跡地へ移転する・・・と聞いていたのですが、(財源不足からか?)未だに具体的な移転時期など未定な状態が続いています。
Posted by 白金 at 2008年10月10日 19:16
(南区から)港南区が分区したのは、1961年ではなく・・・1969年10月1日からでした、お詫びして訂正いたします。 塩分が混じっている汽水域は、蒔田橋までなので・・・その付近まで(ゴマフアザラシの)タマちゃんが上ってきたのではないかと思っております。

(話が長くなりますけど)1998年にベイスターズが優勝した時、たしか大岡川(に飛び込んで頂きたかったけど)でなく横浜駅西口の帷子川あたりに飛び込んだのでしょうか。 もし今秋の巨人でしたら(あの外人に刺激を受けた)威勢のイイのが、皇居の(和田倉でない)濠に飛び込むかも知れませんNe。
Posted by 白金 at 2008年10月10日 19:36
>若旦那 さん
こんにちは!
周りが変化してもこの川はずっと変わっていない、
変わらないような気がしますね。
Posted by seawallseawall at 2008年10月10日 21:25
>バック さん
こんにちは!
ゆったりとした流れの上に掛かる橋は、
歩くとなんとなく時を超えているような気がします。

おっしゃる通り、横濱らしい場所ですね。
Posted by seawallseawall at 2008年10月10日 21:27
>なっちゃん さん
こんにちは!
小さな風が水面を流れていたのでしょう。
確かにきれいなガラスのようで見ていて飽きませんでした。
Posted by seawallseawall at 2008年10月10日 21:28
>白金さん
こんにちは!
はい、seawallで結構です。
区役所の話、1、2年程前に伺ったことがあるのですが、
まだ正式な話ではないのですか・・・どうなるのでしょう。

南区側の大岡川はいまはとても穏やかに見えますが、
色々と歴史を踏んでいるのですね。
Posted by seawallseawall at 2008年10月10日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。