2008年12月25日

きっと正しきクリスマス


花之木町

街がクリスマス模様に染まるのは、以前は12月に入ってからであった気がする。
その時期は年々早くなり、毎年毎年派手になる。
しかしきっと本来は、静かに楽しく祈りを捧げるものなのであろう。



同じカテゴリー(クリスマス2008)の記事画像
濱のうさぎと和のクリスマス
小さな雨、光の雨
賑わう街に滲む灯り
ほとけの橋のクリスマス
虹色のぷろむなあど
日出ル町のクリスマス
同じカテゴリー(クリスマス2008)の記事
 濱のうさぎと和のクリスマス (2008-12-26 08:04)
 小さな雨、光の雨 (2008-12-22 23:14)
 賑わう街に滲む灯り (2008-12-21 23:21)
 ほとけの橋のクリスマス (2008-12-19 23:51)
 虹色のぷろむなあど (2008-12-18 23:28)
 日出ル町のクリスマス (2008-12-14 00:04)

Posted by 昌虎・ショージ at 08:15│Comments(4)クリスマス2008
この記事へのコメント
こんばんは。
おっしゃる通りです。本来はキリスト誕生を祝福し、個々に祈りを捧げるのが本来のあり方です。教会のミサで祈り、家で静かにお祝いをするのがクリスマスのあり方では・・・。この時節は新年も間近なため、ヨーロッパ、アメリカなどではクリスマス休暇は新年も含めたお祝いの行事をおこなうようです。子供たちに夢を持たせる意味や、恋人たちのプレゼントなどで楽しんでいるようです。いつのまにか日本では、クリスマスの時節に街が華やかになりましたね。これは日本だけではないようですが・・・・・・。
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2008年12月25日 18:38
>なっちゃん さん
こんにちは!

ビジネスチャンスなのでしょう。
と言う私もクリスチャンではありませんので、本来の意味無関係に
華やかなイベントとして楽しんでいる一人であったりします。
でも25日を過ぎれば、日本的な正月模様に完全に切り替わるところが
何とも不思議な国ですね。

さあ、明日からは、仕事納めと歳神様を迎える準備です!
Posted by seawallseawall at 2008年12月25日 23:32
seawallさんおはようございます。
温かみがある写真ありがとうございます。
日本のクリスマスはどうしても街のイルミネーションやプレゼントなどに目がいてしまいがちですが本来は少し違うものなんですよね。
Posted by hama1スタッフ dai at 2008年12月26日 08:47
>hama1スタッフ dai さん
こんにちは!
クリスマスは如何でしたか?
今年ももうすぐ終わりですね。
ご無沙汰ですが、また来年もよろしくお願い致します。
Posted by seawallseawall at 2008年12月28日 08:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。