2009年11月22日

裕福な丘横浜のクリスマス


牛久保

”縁の窪地”、それが牛久保の由来の一説であるらしい。

山と谷の入り混じる「丘横浜」には、裕福な新興住宅が並ぶ。

にぎやかな港を遠く離れた静かなその場所にも、
明るく大きなクリスマスが灯り始めている。



同じカテゴリー(建物)の記事画像
黄金の蛇口-本町ビルの記憶
とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!!
縄文の窓からこんにちは
裏手を覗くとかわいい喫煙所
そらの眼・ソラの眼
横浜日劇は紅かった
同じカテゴリー(建物)の記事
 黄金の蛇口-本町ビルの記憶 (2013-07-18 23:15)
 とーきゅーハンズ!横浜ハンズ!! (2013-07-16 23:02)
 縄文の窓からこんにちは (2013-06-20 22:56)
 裏手を覗くとかわいい喫煙所 (2013-06-12 23:11)
 そらの眼・ソラの眼 (2013-06-04 23:06)
 横浜日劇は紅かった (2013-05-31 23:11)

Posted by 昌虎・ショージ at 22:18│Comments(5)建物
この記事へのコメント
こ、これ個人宅でしょうか...
私の家の周辺は、クリスマスイルミネーションとは無縁です。
もちろんウチもです。
Posted by Mond at 2009年11月23日 01:31
>Mond さん
こんにちは!

この辺りは元々の地主さんらしき家もあり、
とんでもない広さの土地と豪邸があったり、ちょっとしたセレブタウンです。
この電気代はちょっとした生活費と同じ位かもしれませんね。
Posted by seawallseawall at 2009年11月23日 23:20
seawallさん、こんばんは。六角橋です。
こうなると、楽しそうとも言い難く、美しいとも感じ難し。
鬼平犯科帳、池波の正直太郎曰く
「牛久保の越後屋、眩しくっていけねえや。」
牛久保ってえのは、谷戸の縁(ふち)が凹(くぼ)んだ地域:ふちくぼが、訛ってウシクボに変化したって言われていまさあね。
本日は、失礼しやした。
Posted by 六角橋 at 2009年11月24日 23:50
>六角橋 さん
こんにちは!

池波小説にも出たのですか?
今も山と林と畑と高級住宅と企業の研究所のある
”眩しい”場所です。
Posted by seawallseawall at 2009年11月26日 23:33
>seawallさん
こんばんは!
>池波小説にも出たのですか?
牛久保の幸兵衛という人物が出ましたが、横浜とは無関係でしょう。
失礼いたしました。
Posted by 六角橋 at 2009年11月27日 04:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。