2009年12月03日

その上、その先、その光


宮崎町

排気ガスの坂を避け、
かつて旅館の並んだ小さな路地を上がる。

そこは光の溢れた"みなと"の近く、喧騒を離れた厳かな世界。



同じカテゴリー(神の住む場所)の記事画像
炎に神が宿る時
どんぐりかな? どんぐりじゃないよ
冬の陽だまり、観音様
踏切、京急、電車、寺
セミ地蔵、陽の当たる場所へ
もしもし亀よ
同じカテゴリー(神の住む場所)の記事
 炎に神が宿る時 (2013-01-09 23:10)
 どんぐりかな? どんぐりじゃないよ (2012-11-27 23:06)
 冬の陽だまり、観音様 (2012-01-15 22:57)
 踏切、京急、電車、寺 (2011-08-26 22:48)
 セミ地蔵、陽の当たる場所へ (2011-08-12 23:02)
 もしもし亀よ (2011-08-05 23:52)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:43│Comments(2)神の住む場所
この記事へのコメント
これもまた横浜らしい顔ですね。静寂に響く靴音が聞こえて来るようです。延命院に繋がる路でしょうか。
Posted by gui at 2009年12月05日 01:39
>gui さん
こんにちは!
そうです、延命院、横浜成田山、野毛不動尊へ続く道です。
Posted by seawallseawall at 2009年12月06日 21:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。