2011年06月09日

路地の奥に消えた白い光景


鶴見区生麦・元貝殻浜

その場所を見つけたのは偶然であった。

何となく気になり入った細い路地のその奥に、
バラックのような住宅がちらほらと見え始め、
そして、その古びた風景の更に奥に広がっていたのは
波の音と真っ白な砂浜の風景。

その白い砂浜は、漁師が捨てていった貝殻が
敷き詰められたものであったらしい。

残念ながら、川辺の大規模な堤防工事により、
その一角は消えてしまった。

名残が少しだけ残されているが、雰囲気は大きく
変わってしまっている。



貝殻浜 2001年



同じカテゴリー(坂と路地)の記事画像
のげって、とべって、ハマちゃんバス
静かな路地の仏具屋前のバス通り
川の記憶、南区のヘビ道へ
過去はどんなに暗くとも猫は夜招く
巡り巡って、蛍の坂
尻をこすって火をつけろ!
同じカテゴリー(坂と路地)の記事
 のげって、とべって、ハマちゃんバス (2013-07-26 22:45)
 静かな路地の仏具屋前のバス通り (2013-05-09 23:32)
 川の記憶、南区のヘビ道へ (2013-05-02 22:21)
 過去はどんなに暗くとも猫は夜招く (2013-04-25 23:19)
 巡り巡って、蛍の坂 (2013-02-22 23:02)
 尻をこすって火をつけろ! (2012-11-23 23:59)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:26│Comments(2)坂と路地
この記事へのコメント
こんばんは。

偶然入り込んだ路地の先に、こんな素敵な風景...
弱いんですよねえ、そういうのに。
積み重なった貝殻たちはずっと、変化を見てきたのでしょうね。
Posted by Mond at 2011年06月11日 01:12
>Mond さん
こんにちは!

当時の光景、是非見せたかった光景です。
堤防の手前の住宅街の路地にはまだ貝殻が少し
残っています。
Posted by seawallseawall at 2011年06月12日 22:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。