2012年02月04日

清水ヶ丘・冬・199xと今


南区清水ヶ丘


1990年代の清水ヶ丘の斜面の公園、

そこは雑草が生い茂り、階段の木が朽ち果てていた。

後に綺麗に整備されたが、今も手入れは変わらずである。

そして、丘の風も、眺める富士山も変わらずここにある。





同じカテゴリー(景色)の記事画像
気まぐれに復活してみる
大岡川には何かが流れ何かが潜む
黄金色の横浜富士
季節外れの紅葉をぼんやり眺める
だから心の色を撒き散らそう!
灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月
同じカテゴリー(景色)の記事
 気まぐれに復活してみる (2014-08-01 22:10)
 大岡川には何かが流れ何かが潜む (2013-07-23 23:15)
 黄金色の横浜富士 (2013-07-09 23:59)
 季節外れの紅葉をぼんやり眺める (2013-05-30 23:05)
 だから心の色を撒き散らそう! (2013-05-17 23:28)
 灯りを閉ざして揺れる雲、流れる雲を照らす月 (2013-04-27 00:14)

Posted by 昌虎・ショージ at 00:10│Comments(2)景色
この記事へのコメント
きれいですね...
この時間帯の空が大好きです。
逢う魔が時、でしたっけ?

話はそれますが、高校時代、清水丘高校の文化祭を見に行ったことがあります。
なぜか図書委員会がミュージカルをやっていて、とても面白かった記憶があります。
すみません、ほんとに余談でしたね...
Posted by Mond at 2012年02月05日 17:07
>Mondさん
こんにちは!

まだ土地勘がない時、横浜から富士山が見えるとは
思っていなかったので、初めて見たときは感動しました。

”魔物に逢う”時間帯ですが、風景はとても綺麗な時間です。

図書委員会のミュージカル、ちょっと見たい気もします。
Posted by SHOJI.KSHOJI.K at 2012年02月05日 22:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。