2012年11月16日

路地裏にパン屋のある風景1(開勢堂ベーカリー)


西区戸部町・開勢堂ベーカリー

以前の住まいのすぐ近く、岩亀横丁にある古い建物のパン屋さん。

シャッターの絵は近くの小学生が町おこしの一環で描いたらしい。

アンドーナツと惣菜パン、時々思い出したように食べたくなります。



同じカテゴリー(お店)の記事画像
「喫茶みなと」と猫の小太郎
ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋
開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋
多肉植物吉野町
「くまモン」に消されかけたもの
夏も近づく貝殻モナカ
同じカテゴリー(お店)の記事
 「喫茶みなと」と猫の小太郎 (2013-07-29 22:53)
 ヨコハマヤサイの色~濱の八百屋 (2013-07-28 21:15)
 開いてないようで開いている福富町のどら焼き屋 (2013-07-25 23:24)
 多肉植物吉野町 (2013-07-22 22:34)
 「くまモン」に消されかけたもの (2013-07-14 21:48)
 夏も近づく貝殻モナカ (2013-06-24 22:47)

Posted by 昌虎・ショージ at 23:04│Comments(2)お店
この記事へのコメント
昔ながらの素朴なパン屋って感じですね。
だけど今流行のいろんな綺麗なパンよりもこういうお店のパンが一番おいしかったりするんですよねぇ。
パンが大好きな私は一度食べてみたいです!!
Posted by みことみみことみ at 2012年11月17日 03:18
>みことみ さん
こんにちは!

素朴で安くて、時々食べたくなります。
建物のレトロさもなかなかのものです、是非行ってみて下さい。
Posted by SHOJI.KSHOJI.K at 2012年11月17日 23:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。